新着情報  What's New

2017.12.10「失敗しない住まいづくりの秘訣!」メールセミナー(全34回・無料)を開設しました。失敗しない家づくりに必要な情報を、分かりやすくメールでお届けします。

2017.12.10 【冬季休業のお知らせ】 誠に勝手ながら12/29(金)〜1/4(木)まで休業とさせて頂きます。皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2017.10.17  施工事例「ウッドデッキでひと休み、天然素材の高省エネ住宅」をupしました。

2017.10.01 「外断熱の家」の疑問にお答えします。外断熱Q&Aページを追加しました。

2017.09.24 この度開催しました2日間の完成見学会にお越しいただきました皆さま、誠にありがとうございました。

2017.09.21タウンニュース掲載】本日新聞折込、地域情報誌「タウンニュース」に掲載されました。港南区、栄区、泉区、戸塚区にお住まいの方は是非ご覧ください。掲載詳細はこちら》

2017.09.16【完成見学のお知らせ】  ご好評につき完成見学会の追加開催決定9/23(土)・9/24(日)横浜市泉区にて完成見学を開催します。詳しくはこちら》

2017.08.28 週末に開催しました完成見学会、たくさんの方のご来場誠にありがとうございました。

2017.08.25【商品のご案内】     ビュッフェスタイルの定額制の家づくり「ウッドナチュレ-シリーズ」が誕生しました。詳しくはこちら》

2017.08.24タウンニュース掲載】本日新聞折込、地域情報誌「タウンニュース」に掲載されました。港南区、栄区、泉区、戸塚区にお住まいの方はご覧ください。

2017.08.17【完成見学のお知らせ】  8/26(土)・8/27(日)横浜市泉区にて完成見学を開催します。詳しくはこちら》

2017.8.06 【夏季休業のお知らせ】 誠に勝手ながら8/10(木)〜8/16(水)まで休業とさせて頂きます。皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2017.7.29 夏涼しく、冬暖かい家ページを更新しました。

2017.7.23 家づくりの流れページを更新しました。

2017.05.15 週末に開催しました構造見学会、たくさんの方のご来場誠にありがとうございました。

2017.04.30【構造見学のお知らせ】 5/13(土)・5/14(日)横浜市泉区にて構造見学を開催します。

2017.04.05【GW休業のお知らせ】
誠に勝手ながら5/3(水)〜5/7(日)まで休業とさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2017.03.27 本物の自然素材ページを upしました。

2017.03.16 「建設現場を見てみよう!」ご予約開始

2017.03.14 こだわりの素材 国産無垢材「富士ひのき」ページを更新しました。

2017.03.08 ホームページをリニューアルしました。









国産無垢材「富士ひのき」

国産無垢材「富士ひのき」

山三伊藤工務店が建てる家の柱・土台・間柱には「富士ひのき」を採用しております。

富士ひのきは富士山南麓に広がる森林が原産地です。富士山南麓は、南に駿河湾を臨む温暖で美しい風土です。火山灰地質で育った「富士ひのき」は木目が細かく、強度・耐久性に優れた銘木です。

「富士ひのき」ができるまで

皮削り

①皮削りをします。

この削られた原木の皮は、綿状に粉砕され家畜の敷きワラや畑の雑草よけに利用され、有効活用されています。   

乾燥室

②最新型遠赤外線乾燥装置にて、50℃の低温で約2週間かけて含水率15%以下までゆっくり乾燥させていきます。

含水率測定器

③含水率測定器のマイクロ波により、含水率を一本一本正確に測定されます。

モルダー四面削り

④モルダー四面削り機で木を加工します。

加工精度は0.1㎜です。

グレーディングマシーン(強度試験)

⑤グレーディングマシーン(強度試験の機械)でヤング率を測定し、5段階の強度等級に分けられます。

富士ひのき 製品

⑥柱には含水率(D)、強度(E)、信頼の富士ひのきマークが印字され製品倉庫で出荷を待ちます。

「ひのき」どんな木材?

ひのきの特徴

■ひのきの特徴

ひのきの木肌は緻密(ちみつ)で美しい光沢があり、年月を経るに従い艶のある鼈甲色(べっこういろ)になる銘木です。


強度・耐久性に優れる

■強度・耐久性に優れる

ひのきは伐採後、200~300年頃まで少しづつ強度を増して1.3倍ほどの強度になり、その後徐々に強度を減少させますが、1000年以上経っても伐採時の強度を保っています。

日本最古の木造建築である法隆寺はほとんどがひのき材で、1300年経った現在も美しい姿を残しています。昭和の大改修の際に、それまで屋根瓦の重みでしなっていた木が、瓦を外すと真っすぐに戻り、柱を鉋(かんな)で削ると桧の芳香が漂い、今製材されたような木目が現れ桧の香りが漂う、というのには大変驚かされます。

桧は強度を保つのみではなく、生き続けているともいえます。

■保温性に優れる

水の熱伝導率を1としたとき、ひのき等の木材は0.5で水の半分です。

鉄は約105なので、木材に比べ200倍も速く熱を伝えます。

ひのきは熱を伝えにくい住宅財力としても活躍します。

天然のエアコン調湿機能

■天然のエアコン調湿機能

ひのきは空気中の温度と湿度の変化にしたがって、水分を吸湿したり放湿して常に空気中の湿度と平衡を保つ特性があります。「天然のエアコン」のような調湿機能を果たします。

ひのきの効用

■ひのきの効用

ひのきの香りには人をリラックスさせる効果があり、精神を安定させ心を癒してくれます。

一方、特に芯材に含まれる「ヒノキオール」などの精油分は、シロアリや細菌類にとって嫌な香りで、虫を寄せ付けないといわれます。

これが山三伊藤工務店がひのき材にこだわる理由のひとつです。

ひのきの芯持材を土台・柱に採用し、床下除湿機を設置することで、シロアリの薬剤処理をすることなく、体にやさしく安心して暮らせる住まいをご提供しております。

厳選された自然素材は持ち味活かし、安心で快適な暮らしを彩ります。
家づくりで失敗しないための小冊子プレゼント!詳しくこちらから