家の完成まで M様邸

横浜市港南区のM様邸が完成するまでの建築工程をご紹介します。

床面積:183.84㎡、気密値0.21㎠/㎡

建築工程をご紹介Ⅱ 横浜市泉区T様邸はこちらから》

地鎮祭

地鎮祭

地盤改良

根切り

砕石

捨てコン

配筋

本ベース

立上り枠

基礎完成

気密シート

土台敷き

1F 床

建て方

母屋・棟木

屋根工事

1回目 野地板

気密処理

断熱材

垂木

2回目 野地板

ルーフィング

バルコニー

バルコニー 笠木

耐力壁

金物施工/構造躯体

金物施工/垂木あおり止め

断熱材、サッシ

胴縁

基礎断熱

給排水管

天井下地

公開気密測定

玄関ポーチの横架材は、旧家の杉丸太を再利用

家事室に造作棚を設置

ウォールナットの床

奥:3連の床下エアコン用スリット

ケヤキの大黒柱

手前:床の片紙は何?を解説

Q:無垢フローリング施工 床の片紙は何ですか?

A:天然木100%の無垢の床は調湿性の利点がある反面、室内の湿度変化によって膨張・収縮します。そのため、乾燥した冬季における施工では、床同士にわずかな隙間を確保するため紙を挟みます。こうすることで、湿度の高い夏季に床が膨張して反りや盛り上がりが起こるのを防ぎます。

「無垢フローリングの特徴」について詳しくはこちら 》

職人が丁寧に仕上げをしていきます

基礎の左官仕上げ

造作棚の塗装仕上げ

キッチンのタイル工事

玄関ポーチのタイル工事 

テレビ台の造作

珪藻土の塗り壁

リビングに暖炉が設置されました

完成

M様邸の完成内覧はこちら》

大黒柱 ケヤキ丸太の製材